薬の飲みあわせってホントにあるの?

薬の飲みあわせを知って、薬の効果をMAXに!

正しい薬の飲み方を知ろう

薬と一緒に食べてはいけないもの

同様に、薬と食品にも食べあわせの悪いものがあります。

・鼻炎薬とチーズ
チーズの成分の分解が遅くなり血圧上昇、動悸・頭痛のリスクが高くなります。
・解熱鎮痛薬とキャベツ
解熱作用を弱めます。
・抗凝固薬と納豆
納豆のビタミンKが抗凝固効果をなくしてしまします。
・総合感冒薬とあんこ
糖とでんぷんは薬の吸収を遅らせます。
・降圧剤とグレープフルーツ、夏みかん、いよかん、文旦など
果肉・ジュースによって薬物代謝酵素がブロックされ、薬が効きすぎて血圧が下がりすぎてしまいます。
・皮膚の感染症予防の抗生物質とレバニラ
豊富に含まれるビタミンAが激しい頭痛を引き起こします。

代表的な、薬との食べあわせが悪い食品を挙げてみました。
すべての食べあわせを洩れなく記憶しておくことは難しいので、薬を服用する前に、説明書をよく読んだり、薬剤師などから受けた注意事項をしっかり守ることが大切です。

薬の服用は水が一番!

薬は水と一緒に服用する、これは誰もが知っている常識ですよね。
お茶程度なら薬の効き目を阻害することはありませんが、絶対避けたい飲みあわせもあるので、以下にご紹介しましょう。

・頭痛薬とコーヒー、紅茶
カフェインは交感神経を活発にするため脳に負担がかかり、頭痛がひどくなります。
・胃薬と炭酸飲料
肝心な胃酸より先に炭酸飲料が中和されてしまって、薬が効きません。
・風邪薬や鎮痛剤と栄養ドリンク
栄養ドリンクの微炭酸で体内が酸性になるので、薬の効果が弱まります。
・骨粗しょう症の薬とミネラルウォーター
カルシウムやマグネシウムが薬の働きを阻害します。
・便秘薬と牛乳
牛乳との化学反応によって、薬が腸で溶けずに胃で溶けてしまいます。
・睡眠薬とアルコール
薬が強く効きすぎて中毒症状を起こします。非常に危険な飲み合わせです。

本サイトでご紹介した飲みあわせはすべてではありません。
用法を守って、安全に薬を服用しましょう。


この記事をシェアする