薬の飲みあわせってホントにあるの?

薬の飲みあわせを知って、薬の効果をMAXに!

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

薬には飲みあわせがあるのをご存知ですか?

昔から、人々の経験にもとづいて、食物の食べあわせ、つまり体に悪い食物の組み合わせが伝承されてきました。 同様に、現代には薬の飲みあわせという概念が存在します。 相互作用のリスクがある薬の飲みあわせは、薬学上の根拠と症例報告にもとづく信頼性が高い情報です。 続きを読む

昔から伝わる食べあわせ、そして現代の薬の飲みあわせ

薬には飲みあわせがあるといいますよね。
同時に服用することで、それぞれの効果を打ち消し合ってしまうものや、相互作用で狙った以上に薬が効きすぎて副作用が出てしまうものなど。
なんとなく話は聞いたことがあるんだけれど、飲みあわせの悪い薬の組み合わせが何なのか、飲みあわせが悪いと言われる根拠についてはまったくわからない、そんな皆さんも多いのではないでしょうか。

こうした情報が予備知識として定着していないのは怖いことですよね。
結果的に大事に至るような事態にはならなかったにせよ、これまでも知らずに飲みあわせが悪い薬を同時に服用してしまっていたかもしれません。
せっかく購入したお薬の効き目が悪かったりしては、もったいないと思いませんか?
良かれと思って服用した薬の飲みあわせが悪くて、逆に体調を崩すようなことになったら、何のための薬なのか疑問をもってしまうはず。

こんな事態を避けるためには、事前に正確な情報に触れておくことが大切です。

そこで、本サイトでは皆さんに次のような情報をご提供します。
・飲みあわせてはいけない薬の組み合わせとその理由
・薬を服用するときに飲んではいけないものや、一緒に食べてはいけないもの

本サイトで改めて薬の飲み合わせについて考る機会をもって、薬そのものの効用が損なわれることのない飲み合わせや、健康に悪影響が及ばない服用方法についての理解を含め、今後注意を払っていただけるようにお手伝いします。

飲みあわせのパターンを知ろう

特定の薬と食品などの組み合わせによって体に悪影響を及ぼすことを相互作用と言います。 この相互作用を引き起こす組み合わせには、薬と薬、薬と食品、薬と飲み物のパターンがあります。 どれも、薬の効果を阻害したり、効き目が強すぎて副作用が出てしまったりするため、避けなければなりません。 続きを読む

正しい薬の飲み方を知ろう

薬と薬の飲みあわせがあるのと同じように、一緒に摂取してはいけない薬と食品、薬と飲み物の飲みあわせがあります。 どちらのパターンについても、それぞれ、代表的な相互作用の起きる飲みあわせと、その理由についてご紹介します。 服用前に飲みあわせの情報を把握して、安全に薬を服用しましょう。 続きを読む